昨今、芸能界は騒ついてますね。

SMAPにベッキー、野球の清原、、、自論を唱えるほど烏滸がましくはありません。

浮き沈みの激しい芸能界。

厳しい世界で生きているのだなと思わざる得ません。

そんな厳しい世界ゆえ、芸能界には「ゲン担ぎ」をする人が多いといわれています。

では、彼らはどんなことをしているのでしょうか?( ^ ^ )/□

 

●厄年に厄払いしない!

俳優は厄年であっても、あえてお祓いを行わない例が多いと聞きます。

なぜなら、厄払い=厄を落とす=「役」を落とすということにつながり、縁起がよくないと考えられているから。

まさにゲン担ぎ!!

 

●死体役はご利益?

芸能界では、殺される役や死体を演じると、息の長い俳優活動ができて縁起がいいといわれています。

駆け出しの俳優はもちろん、人気があるベテラン俳優も好んで演じるそうな。

素人からすると、え!?って感じですが´д` ;

もともとは、過酷な状況になりがちな「死体役」を嫌がらずに演じてもらう“方便”だったようですが、

実際に売れたり、長く活躍したりする俳優が出るにつれ、「縁起物」となったようです。

役者目指す時は、まず死体役ですな!


●芸能人は長財布派

芸能人に限らずやってる人が多いと思いますが、稼ぎのいい芸能人は、

お金に無頓着…と思いきや、財布やお札の扱いにはかなり気を配っているといいます。

まず、財布は「長財布」を使用する人が多いということ。

これは、折りたたみ財布を使うとお札が窮屈になり、出ていきたくなると信じられているからです。

私もこれは聞いたことあり、長財布派ですp(^_^)q

あと、お札の向きがバラバラだとお札の居心地が悪いため、

並び順にも気を配る人も多いと思いますが、芸能人も一緒。

 


●やっぱり最後は神頼み!? 芸能の神様へのお参り

京都・嵯峨野にある車折神社は「芸能の神様」として名高いですね。

その名も「芸能神社」!!

境内にあり、朱色の玉垣には新進アイドルから大御所俳優まで数多くの芸能人の名前が記されている。

観光として見に行く方も多いそうな。

一方、東京の「芸能の神様」といえば、赤坂にある豊川稲荷の弁財天が有名!!

ジャニーズ事務所のタレントで訪れたことない人いるの!?って位、有名ですね。

ジャニーズのタレントはもちろん、名前入りの赤提灯がズラリと並びます。

芸能界は実力の世界とはいえ、神頼みもしっかりと忘れないところに厳しさが見え隠れします。

 

 

やっぱり最後は神頼みなのでしょうか。

 

あなたはどんなゲン担ぎがありますか?( ^ω^ )

この記事を共有しよう
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone