「喪中」を説明できる人って意外と少ない!!!

mo00

 

日本人は、身内や近親者が亡くなった時、「喪中ハガキ」を出し、神社への参拝を控え、新年会への参加を控えます。
なぜ?と聞けば、おおかたの人は“一般常識”だから、と答えるでしょう。

でも、その常識がどこから来ているのか、なぜそうなのかということについては、ほとんどの人はまるで気にしません。

今回は、「喪中」についてです!

多くの人は、「喪中」とか、「忌中」とかいう言葉は、仏教と関連があると思っているのではないかと思います。

しかしそうではないようです。「喪中」という言葉の本当の意味は、

「死者が出たことによって、死者の国=黄泉への扉が開き、ケガレが親族に乗り移ったので、それをまわりの者に移さないようにするために、一般社会との関係を絶つ」ということです。

「悲しい気分で、喜ぶ気分になれないので、祝い事は遠慮する」というのは、後から付けられた意味。

仏教の考え方においては、死後どうなるかと言えば、(浄土系仏教以外では)死者は7日ごとに7回の裁判を受け、計49日が経過した時点で、生前のカルマを元に、次にどの界に転生するかが決定されるということになっています。

「死」→「裁判」→「転生」

したがって、仏教の考えにおいては、死者の魂が生前の怨念のせいでこの世に残って「幽霊」になる、なんてことはあり得ないということになります。念仏を唱えて、「幽霊退散、カーーッ!」なんてやってる坊さんがいたら、それは間違いなく仏教の概念を理解していないエセ坊主です(⌒-⌒; )笑

死んで49日たったなら、仏教の概念では、誰もが、確実に他の界(もしくは人間界)に転生するということ。。
仏教においては、死はけがれたものではなく、輪廻転生の流れの中で、次の生のためのはじまりにすぎないものと考えます。

死をケガレと考えるのは、ケガレという概念の元、死とケガレを結びつけて考える日本土着の信仰の影響によるものでしょう。。

motyuira1

なぜ「喪中ハガキ」を送るのか、ということを考えると、3つの答えが予想されます。

1、仏教徒だから

1番目の仏教徒だから、という答えは、バカバカしいほどに間違っています。

「喪」はそもそも仏教の概念ではありません。

仏教として、ケガレを移す云々と本気で言っているのなら、あきれるほどにナンセンスです。

2、日本神道の教徒だから

2番目の、神道に則って喪中を行っているという答えは、一番納得できます。

「喪」は、日本土着の信仰によるものであり、神道はその直系のもとにある宗教であるからです。

3、一般常識だから

3番目の、“一般常識”という答えが実は一番やっかいです。

これは、誰もがそうしているから、というのが理由であって、それ以外の確固たる理由などは必要ではないからです。

例えば、日本人は、多くの人が年のはじめに、神社に参拝に行きます。

その時、「近親に死者を出したものは参拝を禁じる」と言われれば、そのルールに従うしかありません。

ケガレの思想は、日本神道においては守らなければならない概念であり、喪中の参拝禁止も、

宗教の枠内のことであり、参拝拒否の採択権は神社側にあるからです。

神社に参拝の時には、神社の決めたルールに従うのが筋であると思います。

 

でも、“常識”というのは、なんかやっかいです。

この記事を共有しよう
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone