宗教警察「ムタワ」

1384069490_saudi_polis_311011

「ムタワ」(アラビア語)とは、イスラム教において悪徳とされる行為を禁止し、

勧善懲悪を目的とした、イスラム価値観における倫理道徳的な立場から一般人に教育的指導を行なう組織です。

欧米では、“宗教警察”であると解釈されているそうな。

「ムタワ」と呼ばれる組織はサウジアラビア、イラン、イラク、アフガニスタン、パキスタン、エジプト、

イケメン…じゃなかったイエメン、ナイジェリア北部、マレーシアなどのイスラム教圏の国に存在しています。

お国によって組織の規模も社会的な扱いも異なるようで、国家機関から宗教法人の一部門、民間団体までさまざまです。

元々はイスラムの教えに従った生活指導を行うボランティア組織的なものであり、

文明の進歩と共に新しく現れたものや社会の変化がイスラムの教えに対して、

どのように解釈されるのか、そういう事についての倫理判断を行う組織だったのです。

しかし、最近は西洋文化がイスラム教圏に流入するようになると激しい拒絶反応を起こし、

西洋文明の排除を目的として活動する組織が多くなった。

特にアフガニスタンなどでは処刑から破壊活動まで行うほどに過激化した。

このため、他国だけでなく自国内からすらも人権侵害組織として批判されるようになりました。

サウジアラビア

サウジアラビアにおいては、勧善懲悪委員会と呼ばれており、社会的に極めて強い影響力を有している。

司法警察権や裁判権は持っていないが、活動には警察官が同伴し、委員の依頼で警察が逮捕を行い、

委員会の告発によって刑事裁判が行われるなど、実質的に司法警察権と裁判権を持っているかのような活動をしている。

1990年代以前は生活指導を行うボランティア組織的なものでしかなかったが、

近代になって西洋文化が流入するようになると極端な拒絶反応を示し、厳しく取り締まるようになった。

海外からは人権侵害組織として批判されています。

タリバン政権時代に活発に活動していたが、アフガニスタン侵攻で一時期廃止されていた。

しかし、2003年に再編され、現在も活動しています。

イスラム革命後に再編成され、イスラムに反するものへの弾圧組織となっています。

インドネシア

近年になってイスラム法に基づく条例が増えるにつれ、公務員としてのムタワの職員が増員され、取締りが厳しくなってきている。

誤認逮捕や冤罪などが問題になっているのが気になりますね。

ちなみに日本のニュースでは、道徳警察と紹介されていました。

マレーシア

マレーシアでは人権侵害が問題視されるほどの活動は無く、

倫理委員会としてムスリムに模範的な指針を示す組織として活動しています( ^ ^ )/□


勧善懲悪委員会とは?

12639895_11n

勧善懲悪委員会は、イスラム宗教庁の内部委員会であり、日本の省庁でいうところの局に相当する位置にある組織です。

サウジアラビアでは3,500人の職員と多数のボランティアによって運営されており、総人数は4,000人から5,000人と言われている。

委員には王族に知事や副知事、宗教指導者まで幅広い権力者が在籍しており、

サウジアラビア国内における影響力は非常に大きく、イスラムにおける倫理委員会の役目を果たしている。

勧善懲悪委員会自体は司法警察権や裁判権は持っていないため、正規の警察官と二人一組で活動している。

実際に逮捕を行うのは警察官である。

逮捕した相手に対する告発を行うだけで裁判そのものは裁判官が執り行うが、実質的に警察も裁判所も勧善懲悪委員会の威光には逆らえない。

湾岸戦争以降に流入するようになった西洋文化に対して非常に強い拒否反応を示しており、

彼らの考える「イスラムの教義」に合わない欧米文化の排除に積極的に活動している。

魔法部!?

電話魔法相談を受け付けている魔法部は勧善懲悪委員会の内部組織である。

・・・ただし、魔法部の担当者はウラマー一人しか居ない(⌒-⌒; )

具体的な活動

インターネットサイトの監視や犬猫をペットとして飼うことを禁止したり、

バレンタインデーを禁止して市内の店舗からバレンタイン関連の商品を撤去させたりしている。

近年で悪名高い活動の一つに2002年3月11日にメッカの女学院が火事になった際の対応が挙げられる。

当時、委員会は「女子生徒たちのセーラー服が規則違反だから外に出てはならない」という理由で

燃えさかる炎の中に女子生徒たちを閉じ込め、さらに消火活動にきた

消防隊に「女学院に男子は立ち入ってはならない」と言って消火活動を妨害した。

その結果、15人が死亡、50人が負傷する事態になった。

 過激過ぎです。

この記事を共有しよう
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone